ページ

水曜日, 6月 25, 2008

菩提樹、しなのき、どちらでしょうか?





緑美しい静かな庭園で(歴史の里博物館)今朝は元気な若者の声が
地元の中学生の写生会が行われました。
大きな画板を肩にそれぞれ書きたい場所に移動してお友達と楽しそうに
写生をしておられました。そんな様子を写真に撮らせて頂きました。
庭園の片隅に珍しい木があります。今日の写真です。
白い可愛い花につながりヘリコプターのような羽が付いた実かしら?
この木何の木 「菩提樹?」それとも「しなのき?」どちらでしょうか?
写真を撮りながらシューベルトの歌曲(冬の旅)の中の菩提樹の歌を
口ずさんでいました。
    泉に添いし茂る菩提樹、
    したいゆきては、うまし夢みつ
    幹にはえりぬ、ゆかし言葉うれし悲しに
    といしその陰、といしその陰。
遠い昔良く歌った懐かしい曲ですね。
調べてみると釈迦がその木の下で悟りを開いた菩提樹とは
インド菩提樹で(くわ科)だそうです。
日本の寺院に多く植えられ私達が菩提樹というのは中国産の
菩提樹(しなのき)のようですね。
そういえば昨年もこの時期(しなのき)の話題があったかな?
良いことを学んだ気分です。
  



4 件のコメント:

ちょろ さんのコメント...

しなのきって松本の大名町通りが有名ですよね・・・結局マジマジと見たことなかったけど・・・

kokoro さんのコメント...

ちょろさんよくご存知ですね。松本の大名町通りにはしなのきが有名です。良く見ると結構面白いですよ。
いつもコメント有難うございます。

doratya さんのコメント...

秋になるとヘリコプターのような羽を付いた実でわかりました。良く見ますが正式な名はわかりませんが、歴史の里の写生大会静かな環境で良い絵が描けそうですね。

さんのコメント...

kokoroさんのやさしい素敵な写真を拝見しながら、つい私も菩提樹をくちずさんでしまいました。
日ごろ歌など忘れているのに、たまには大声で歌うのもいいかもね。
お陰さまでありがとう!