ページ

月曜日, 7月 29, 2013

中山晋平記念館

 
 栗の実・爽やかな緑色綺麗!
 
先日ある会で暑気払いの旅があり北信方面へ
 大正時代の天才作曲家「中山晋平」のふるさと
長野県中野市にある中山晋平記念館へ寄ってきました。
 
素朴なメロディーの童謡を数多く作曲されておられます。
 晋平さんが愛用なさっていた
オルガンやピアノの伴奏による「歌うコーナー」で
懐かしい童謡を皆さんと口ずさみ
幼い頃の日々を思い出して(^0_0^)
 
 館内には生前の写真、作品集や遺品が陳列され
リスニングコーナーでは
美しい映像と共に素敵なメロディーを楽しみました。
 
記念館での一部を作品にしています。
お時間ありましたら覗いて見て下さい。
  





 


6 件のコメント:

てんとうむし さんのコメント...

懐かしい(*^-^*)

息子の幼かった頃手を引きながら、歌って帰りました。

暑い日にあつい思い、ステキですね‼

ブログが見れるようになってよかった。

noko nokko さんのコメント...

今は余り聞かれなくなった童謡唱歌、
kokoroさんの動画に合わせて、私も口ずさんでいました。
懐かしい歌、歌っていた頃を思い出しました。

スヌーT さんのコメント...

懐かしいです。
私は2回中山進平記念館に行きましたが
いつも思う事があります、童謡は心を満たして
くれると思い大好きな所です。

あの町この町の合唱素敵ですね…
子供の頃友達と歌いながら学校から帰って来た時の事思い出しました。

つわぶき さんのコメント...

私も記念館に行った時を思い出しています。
素敵な場所へ行かれ良かったね。
子供の頃楽しく歌った童謡が懐かしいです

hanazakuro さんのコメント...

いいところですね。
私は行ってないのでいいなと思いながら拝見しました。
童謡はいつきいてもいいですね。

Takeko Koike さんのコメント...

懐かしいね~。
童謡は幼い頃を思い出させ、自然と
笑みが沸いてきます。
幾つになってもそんな心でいたいですね。
親戚のお隣である晋平記念館、kokoroさんの
ブログで良さが更にわかりました。