ページ

月曜日, 5月 15, 2006

椿の花に思う



庭の片隅に咲く椿の花。今年は開くのが遅れました。やっと美しく可愛い花を咲かせ、暫くの間私達を楽しませてくれました。椿の花は精一杯咲き誇り、まだ美しい花なのにある日突然地面に落ちてしまい、花の命の儚さを目の当たりに見る思いでちょっぴり寂しく感じますが、地面の花が何ともいえない美しさがあり、ほっとしながらカメラに収めました。やさしい花かげに・・・小さな声で・・・~さよなら~
爽やかな緑の風が頬をかすめるある日の午後でした。

5 件のコメント:

sumire さんのコメント...

花の命は短くて・・・・・
ほんとに一瞬の花の命を、かたちとして
残せる・・・・そして・・・・
ブログで皆にみてもえる(*^^)v
とっても素敵な事だと思います

やま さんのコメント...

写真撮るっていいですよね

ちょろ さんのコメント...

我が家の椿を見ても、そう思います。
去年までは「ああ咲いてる」で終わっていましたが、今年はいっぱい写真を撮りました。
ブログのおかげです。

yagi さんのコメント...

kokoroさんこの椿の花イラストに使えそうです。今度(来月)は絵を描くそうですので、やってみませんか?こういう花もってきてといっていました。kokoroさんだったら凄いのができそうですよネ。

koujii さんのコメント...

椿に 早咲きとか遅咲きとかあるのですか?家ののは もう影もありません。