ページ

水曜日, 3月 29, 2006

四賀化石館見学




もうすぐ4月になるというのに今日は真冬のような寒さ厚目のコートに着替えて外出。ある会がありお仲間と四賀地区へ。福寿草の花も盛りは過ぎた様子、少し残念でしたが四賀化石館を見学しました。
四賀は今から1500~800万年くらい前( 新生代第3紀中新世 )には、海の底だったこと、そして色々な化石が展示されていまして大地のロマンに接することができました。

5 件のコメント:

sumire さんのコメント...

四賀村の福寿草はもう終わりになってしまったんですね(ノ_・。)
行こうと思いながら・・・時間がすぎてしまいました。・・・・白馬の福寿草を待つことにします。

kokoro さんのコメント...

sumireさんコメント有難う。四賀の福寿草終わりとは思いませんが、昨日は天気もいまいちでしたので花がしおれた様に首を下げあまり開いていませんでした。
やはり見頃は過ぎていますね。茎も長く伸びています。福寿草は地面から芽を出してまもなく咲いた花が一番だと思いました。でも太陽さんが輝く良い天気でしたら、まだ綺麗な花が見られると思いますよ。

やま さんのコメント...

やまも先週いったんですけど福寿草はいまいちでした・・・

aotama さんのコメント...

先日お尋ねしたらエラーになってしまいおどろきましたが今日はよかった、化石館
はいつも横目で通りすぎてますがこんな風になているんですね。今度はよってみます。

kokoro さんのコメント...
このコメントはブログの管理者によって削除されました。